テレビ広告を作成する際には専門家に相談しよう

ハチ駆除を依頼する

アシナガバチ駆除にあたっての基礎知識

日本で見かける主なハチの種の一種であり、刺されるとアナフェラキシーショックを起こす危険性も少なからずあるのがアシナガバチです。そのため、自宅の周辺などに巣を作られてしまった場合は、アシナガバチ駆除に取り掛からなければならないケースもしばしばあります。ただし、最も攻撃性が高いと言われるスズメバチと違い、アシナガバチは無闇に巣に近づかない限りは、その危険性は少ない種でもあるといったことは、近年声高に言われていることでもあります。スズメバチの危険性があまりにも高いことで、ハチの巣を発見イコール撤去しなければならないといった考え方がスタンダードになりつつありますが、アシナガバチ駆除をする必要があるのは、巣が頻繁に出入りする場所に作られてしまった際だけでもいいのです。

アシナガバチに対する今後の動向

こういった背景もあり、スズメバチの巣の撤去に関しては一部の補助金などをだしている自治体があっても、アシナガバチ駆除に関しては特別な措置を取っていない自治体が数多くなっています。今後もアシナガバチ駆除に関して自治体単位での動きが活性化するといったことはおそらく起こらないでしょう。そのため、駆除にあたっては自分で行なうのか、害虫駆除業者などのサービス業者に依頼をするのかといった二択からの選択をすることとなります。自分で行なう場合、なるべく刺されない格好をした上で、夜間などのアシナガバチがおとなしくなる時間帯に、殺虫スプレーなどを用いて駆除を行なうこととなります。多少の危険性は伴うため、安全性を優先するのであれば、専門業者を活用するのがオススメです。