テレビ広告を作成する際には専門家に相談しよう

ハクビシンの駆除

ハクビシン駆除を自分で行う方法とは

ハクビシンは白鼻芯と書くとおり、鼻に白い筋が入っているのが特徴のジャコウネコ科の動物です。体重は2〜3kgで甘い果物を好み、果樹園での被害が多かったのですが、最近では生ゴミをエサとして住宅地にもあらわれるようになり問題となっています。住宅の場合は主に屋根裏に住み着き、糞をして悪臭を発したり、そこからダニやノミが発生するなどの二次被害も生じています。 ハクビシンは鳥獣保護法で保護されているため、ハクビシン駆除には自治体の許可が必要です。自分でハクビシン駆除を行うなら箱罠で捕獲するという方法がありますが、これを扱うにはわな猟免許が必要な地域もあり、やはり確認が必要です。その他にニオイで追い払うという方法もありますが、やはり専門業者に依頼するのが最も安心です。

ハクビシン駆除の業者選びはどんな点に注意すればよいか

ハクビシン駆除は素人ではなかなか大変なもの。専門業者ならハクビシン駆除を行うために必要な狩猟免許をすでに持っており、自治体への申請も慣れているのでスムーズです。 ハクビシン駆除を依頼する業者は、専門的な知識と高い技術、それに確かな実績を持っているところがおすすめです。調査や見積もりに関しては無料で行うところも多くなっています。24時間・365日対応のところなら、仕事でなかなか時間が取れないという人でも安心して頼めます。駆除後に何年間かの保証をつけたり、24時間監視システムでハクビシンの生息状況を確認したり、やむを得ず処分した場合はお寺で供養するなど業者によって個性もあります。調査・ヒアリングが丁寧で住宅に強いところなら安心です。